FP3級過去問題 2021年9月学科試験 問24

問24

「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」は、自己の居住用家屋の敷地である宅地にのみ適用されるため、賃貸アパートの敷地である宅地については適用されない。

正解 ×

問題難易度
37.9%
×62.1%

解説

「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」は、住宅用地について固定資産税の課税標準を以下のように軽減する特例です。
本特例は「住宅用地」、つまり人が居住するための家屋の敷地を対象とするものであるため、自宅の敷地のみならず、賃貸アパートの敷地、店舗兼住宅などの併用住宅(居住部分の床面積が全体の4分の1以上)の敷地などにも適用があります。

したがって記述は[誤り]です。