FP3級過去問題 2021年1月学科試験 問37

問37

生命保険契約の契約者は、契約者貸付制度を利用することにより、契約している生命保険の()の一定の範囲内で保険会社から貸付を受けることができる。
  1. 既払込保険料総額
  2. 解約返戻金額
  3. 死亡保険金額

正解 2

問題難易度
肢119.3%
肢275.4%
肢35.3%

解説

契約者貸付制度は、解約返戻金の一部を保険会社から借り入れられる制度です。借入限度額は、一般的に解約返戻金の70~90%が相場となっています。なお、貸付金については一定の利息がかかります。
収入の減少などにより一時的に保険料の払い込みが困難になった場合や、急にまとまった資金が必要となった際に保険契約を解約せずに資金を調達することができます。

契約者貸付制度の原資となるのは、契約中の保険契約の解約返戻金なので[2]が正解です。

この問題と同一または同等の問題