FP3級 2020年9月 実技(金財:個人)問2

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問2

次に、Mさんは、Aさんが老齢基礎年金の受給を65歳から開始した場合の年金額を試算した。Mさんが試算した老齢基礎年金の年金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、老齢基礎年金の年金額は、2020年度価額に基づいて計算するものとする。
  1. 781,700円×420月480月
  2. 781,700円×420月+60月×1/2480月
  3. 781,700円×420月+60月×1/3480月

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

老齢基礎年金は、20歳から60歳になるまでの40年間にどれだけ国民年金保険料を納付したかによって受給額が変わります。
20歳から60歳までの納付可能期間は「12月×40年=480月」ですが、Aさんには60月の全額免除期間があるので、保険料納付済期間は「480月-60月=420月」になります。
免除期間については、その免除期間が2009年(平成21年)4月以降であるか否かによって算入される割合が異なります。
Aさんは1969年生まれなので20歳時点で1989年、全額免除期間はそこから60月(5年間)なので1989年~1994年までとなります。2009年以前なので、60月については1/3した分を支給される月分として加算します。

したがって正解は[3]の
 781,700円×420月+60月×1/3480月
となります。