FP3級 2020年9月 実技(FP協会:資産設計)問2

問2

下記は、小田家のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表の空欄(ア)~(ウ)に入る数値とその求め方として、最も不適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。
02.gif/image-size:560×465
  1. 空欄(ア):「420×(1+0.01)2≒428」
  2. 空欄(イ):「813-528=285」
  3. 空欄(ウ):「(385+247)×(1+0.01)≒638」

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

〔(ア)について〕
キャッシュフロー表の将来の予定額は、現在の価額に変動率を加味して求めます。○年後の将来の価値を求める場合は「現在価値×(1+変動率)の〇乗」となります。給与収入の変動率は1%、(ア)は2年後の金額なので以下のように求めます。

 420万円×(1+0.01)2≒428.442万円→428万円

〔(イ)について〕
年間収支は、その年の収入合計から支出合計を差し引いて求めます。3年後の収入合計は813万円、支出合計が528万円ですので(イ)は以下のように求めます。

 813万円-528万円=285万円

〔(ウ)について〕
金融資産残高は、前年の金融資産残高に変動率による増加分を加え、さらにその年の年間収支を加減して求めます。前年の金融資産残高は385万円、変動率は1%、2年後の年間収支予定は274万円ですので(ウ)は以下のように求めます。

 385万円×1.01+247万円=635.85万円→636万円

したがって不適切な記述は[3]です。