FP3級過去問題 2020年9月学科試験 問58

問58

相続税額の計算上、未成年者控除額は、原則として、()万円に()未満の法定相続人が()に達するまでの年数を乗じて算出する。
  1. ① 10  ② 18歳
  2. ① 5  ② 20歳
  3. ① 10  ② 20歳

正解 3

問題難易度
肢120.1%
肢29.3%
肢370.6%

解説

相続税の未成年者控除とは、相続または遺贈により財産を取得した人が、未成年者の場合に適用される控除です。未成年者控除額は、10万円にその人が20歳に達するまでの年数(1年未満の期間があるときは切り上げて1年)を乗じて計算します。

 未成年者控除額=(20歳-相続開始年齢)×10万円

したがって[3]の組合せが適切です。