FP3級過去問題 2020年9月学科試験 問49

問49

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することができる者は、同一年中のふるさと納税先の自治体数が()以下である者に限られる。
  1. 3
  2. 5
  3. 7

正解 2

問題難易度
肢118.2%
肢276.1%
肢35.7%

解説

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は、確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。特例の申請にはふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。

ふるさと納税をしたことがある人であれば、寄附を行った市町村等から寄附金控除証明書といっしょに「ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請書」が送付されてくることを知っていると思います。

したがって()に入る数字は5です。