FP3級 2020年1月 実技(FP協会:資産設計)問7

問7

米田さんは、下記<資料>の甲土地を購入し、自宅を建築することを考えている。甲土地の建築面積の最高限度を算出する基礎となる敷地面積として、正しいものはどれか。なお、この土地の存する区域は特定行政庁が指定する区域に該当しないものとし、その他記載のない条件については一切考慮しないこととする。
07.gif/image-size:560×329
  1. 290㎡
  2. 280㎡
  3. 240㎡

正解 1

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

建築基準法では、幅員4m未満の道路(2項道路)については、道路中心線から2m(4mの半分)離れたところを敷地と道路の境界と定め、将来2項道路に面する土地に再建築する際には、その境界線まで敷地を後退させる義務を課しています。この道路幅に伴う敷地の強制後退をセットバックといいます。
設問のケースでは、甲土地に接している南側道路が3mなので、この制限により、甲土地の南側は道路の中心線から2m離れたところまでは建物を建築することができません。つまり、建築面積はその分(0.5m)だけ小さくなります。
よって、指定建ぺい率を乗じる対象となる敷地面積は、左右(東西)は20m、上下(南北)は「15m-0.5m=14.5m」で、

 20m×14.5m=290㎡

したがって[1]が正解です。