FP3級 2019年5月 実技(金財:個人)問10

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問10

甲土地に賃貸マンション(耐火建築物)を建築する場合の①建蔽率の上限となる建築面積と②容積率の上限となる延べ面積の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. ① 360㎡ ② 1,296㎡
  2. ① 400㎡ ② 1,440㎡
  3. ① 400㎡ ② 1,600㎡

正解 2

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

[①建築面積の上限]
対象地が"防火地域内の耐火建築物"と"特定行政庁が指定する角地"の場合には、建蔽率の緩和を考慮する必要があります。
甲土地は、建蔽率80%の区域かつ防火地域です。賃貸マンションは耐火建築物ですので、建蔽率を100%として計算できます。甲土地は400㎡ですので建築面積の限度は、

 400㎡×100%=400㎡

[②延べ面積の上限]
建物の延べ面積の限度は「敷地面積×容積率」で計算します。そして、その敷地の前面道路の幅員が12m未満の場合、容積率には次の2つのうち小さい方が適用されます。
  • 都市計画の指定容積率
  • 前面道路の幅×法定乗数
設問の事例では、指定容積率が400%、前面道路の幅×法定乗数が「6m×0.6=3.6=360%」なので、容積率は2つを比べて小さい360%となります。

甲土地は400㎡ですので建築面積の限度は、

 400㎡×360%=1,440㎡

以上より、①400㎡、②1,440㎡ とする[2]の組合せが適切です。