FP3級 2019年5月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、《設例》の米ドル建定期預金の課税関係について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんが受け取る利子は、利子所得として源泉分離課税の対象となり、20.315%相当額が源泉徴収等されます」
  2. 「仮に、満期時の為替レートが円安ドル高になり、為替差益が生じた場合、当該金額は一時所得として総合課税の対象となります」
  3. 「仮に、満期時の為替レートが円高ドル安になり、為替差損が生じた場合、当該損失の金額はAさんの不動産所得の金額と損益通算することができます」

正解 1

分野

科目:C.金融資産運用
細目:6.外貨建て商品

解説

  1. [適切]。外貨建て預金も、円貨預金と同じく利子の受取時に20.315%相当額が源泉徴収されます。
  2. 不適切。為替予約なしの外貨預金の為替差益は、雑所得として総合課税の対象になります。為替予約ありの場合は、為替差益から20.315%相当額が源泉徴収されて課税関係が終了します。
  3. 不適切。為替予約なしの外貨預金の為替差益は、雑所得です。雑所得の損失は、同じ雑所得の中では相殺できますが、他の所得とは損益通算できません。
したがって適切な記述は[1]です。