FP3級過去問題 2019年5月学科試験 問11

問11

日本銀行の公開市場操作による買いオペレーションは、市中の資金量を増加させ、金利の低下を促す効果がある。

正解 

解説

公開市場操作は、日本銀行が実施する財政政策の1つで通貨の市場流通量を調整することを目的とします。公開市場操作には買いオペレーションと売りオペレーションがあります。
買いオペレーション(通称、買いオペ)
金融機関の保有する有価証券等を日本銀行が買い入れることで、通貨を日本銀行から市場へ移動させる操作。市場の通貨量が増加するので、金融を緩和して金利を引き下げる効果がある。
売りオペレーション(通称、売りオペ)
日本銀行が保有する有価証券等を金融機関に売却することで、通貨を市場から日本銀行へ移動させる操作。市場の通貨量が減少するので、金融を引き締めて金利を引き上げる効果がある。
したがって記述は[適切]です。

この問題と同一または同等の問題