FP3級過去問題 2019年5月学科試験 問4

問4

60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者に支給される老齢厚生年金は、その者の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が28万円(2018年度の支給停止調整開始額)を超える場合、年金額の一部または全部が支給停止となる。

正解 

解説

60歳以上に在職し、厚生年金保険の被保険者であるときに、その者の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が、60歳以上65歳未満で28万円、65歳以上で47万円を超える場合、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になります。この仕組みを「在職老齢年金」といいます。

したがって記述は[適切]です。

なお、支給停止額は以下のように決定されます。原則としては、報酬月額と年金月額の合計が支給停止調整開始額を超える場合、超えた額の1/2が支給停止になります(計算式まで覚える必要はありません)。