FP3級過去問題 2019年5月学科試験 問4(改題)

問4

60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者に支給される老齢厚生年金は、その者の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が47万円を超える場合、年金額の一部または全部が支給停止となる。

正解 

問題難易度
75.1%
×24.9%

解説

60歳以上の人が厚生年金保険の被保険者として勤務しながら年金を受給している場合、その人の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が47万円を超えると、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になります。この仕組みを「在職老齢年金」といいます。

したがって記述は[適切]です。
2022年3月31日以前は、60歳以上65歳未満の人は28万円、65歳以上の人は47万円と区別されていましたが、60歳前半の人の勤労意欲を阻害しないよう65歳以上の人と同じ水準まで引き上げられました。