FP3級過去問題 2019年1月学科試験 問12

問12

投資信託におけるパッシブ運用は、経済環境や金利動向などを踏まえ、ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用手法である。

正解 ×

解説

投資信託は、その運用スタイルによって次の2つに大別されます。
アクティブ型
ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用スタイル
・銘柄の売買や入替えを能動的に繰り返して高い収益を狙う
パッシブ型(インデックス型)
特定の指標に連動する運用成果を目指す運用スタイル
・市場平均と同じ程度の運用成績を目標とする
記述中の「ベンチマークを上回る」の部分から、パッシブ型ではなくアクティブ型についての説明であるとわかります。したがって記述は[誤り]です。