FP3級過去問題 2019年1月学科試験 問9

問9

自動車損害賠償責任保険において、被害者1人当たりの保険金の支払限度額は、死亡の場合は3,000万円、後遺障害の場合は5,000万円である。

正解 ×

解説

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、自動車損害賠償保障法(自賠法)の定めにより、自動車および原動機付自転車を保有するすべての人に対して加入が義務づけられている損害保険です。補償対象は自動車の運行に伴う対人賠償だけであり、対物賠償は対象外です。

自賠責保険の保険金額は、国土交通大臣および内閣総理大臣により以下のように定められています。
死亡の場合は記述の通り3,000万円ですが、後遺障害の場合の保険金限度額は4,000万円です。したがって記述は[誤り]です。