FP3級過去問題 2019年1月学科試験 問8

問8

平成30年中に契約した生命保険に付加されている傷害特約に係る保険料は、介護医療保険料控除の対象となる。

正解 ×

解説

生命保険料控除は、「一般生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」の3つに区分されており、それぞれ次のような保険契約を対象としています。
一般生命保険料控除
死亡または生存に基因して保険金の給付が行われる保険契約
介護医療保険料控除
入院や通院などの医療費支払事由に基因して保険金の給付が行われる保険契約
個人年金保険料控除
一定の条件を満たし、個人年金保険料税制適格特約が付与された個人年金保険契約
傷害保険(特約)や災害割増特約は、身体の障害のみに基因して給付が行われる保険契約であるため、上記のどれにも当てはまらず生命保険料控除の対象外となります。したがって記述は[誤り]です。