FP3級 2018年9月 実技(金財:個人)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

Mさんは、健康保険の保険給付についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「医療費の一部負担金等の額が自己負担限度額を超える場合は、所定の手続により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。自己負担限度額は、所得区分に応じて、その額が異なります」
  2. 「Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、入院・外来を問わず、実際にかかった費用の1割です」
  3. 「Aさんが病気やケガによる療養のために、連続4日以上、業務に就くことができず、当該期間について事業主から報酬が支払われない場合は、所定の手続により、傷病手当金が療養を開始した日から起算して3年を限度として支給されます」

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

  1. [適切]。医療費の一部負担等の額が自己負担限度額を超えた場合は、手続きをすることで高額療養費として後で払い戻されます。自己負担限度額は、所得状況によって5段階に分かれています。
  2. 不適切。Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、入院・外来問わず3割負担となります。
  3. 不適切。健康保険の傷病手当金は、連続して4日以上業務につくことが出来ず、かつ、当該期間について標準報酬が支払われていない場合に、所定の手続きをすることで支給されます。支給期間は療養を開始した日から起算して1年6か月です。
したがって適切な記述は[1]です。