FP3級 2018年9月 実技(金財:保険顧客)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

Aさんの相続に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 孫Eさんの法定相続分は、()である。
  2. 配偶者に対する相続税額の軽減の適用を受けた場合、妻Bさんが相続により取得した財産の金額が、配偶者の法定相続分相当額と1億6,000万円とのいずれか()金額までであれば、納付すべき相続税額は算出されない。
  3. 相続税の申告書は、原則として、相続の開始があったことを知った日の翌日から()以内に提出しなければならない。申告書の提出先は、原則として、被相続人の死亡の時における住所地の所轄税務署長となる。
  1. ① 6分の1 ② 少ない ③ 10カ月
  2. ① 8分の1 ② 少ない ③ 3年10カ月
  3. ① 8分の1 ② 多い ③ 10カ月

正解 3

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

〔①について〕
法定相続人は、「妻Bさん」「長男Cさん」および二男Dさんを代襲相続する「孫Eさん」「孫Fさん」の4人です。
配偶者と子のケースにおける法定相続分は、配偶者1/2、子1/2ですから、もし二男Bさんが健在だった場合の法定相続分は「1/2×1/2=1/4」になります。この1/4が孫2人に均等に配分されるため、孫Eさんの法定相続分は「1/4×1/2=1/8」になります。

[法定相続人と法定相続分]
・妻Bさん:1/2
・長男Cさん:1/4
・孫Eさん:1/8
・孫Fさん:1/8

〔②について〕
「配偶者に対する相続税額の軽減」は、配偶者の取得する財産の価額が、相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分相当額、あるいは1億6,000万円までのいずれか多い金額までであれば、原則として、配偶者の納付すべき相続税額はゼロとなる規定です。

〔③について〕
相続税の申告書の提出は、原則として、その相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内にしなければなりません。

よって、①1/8、②多い、③10ヶ月となる[3]が正解です。