FP3級過去問題 2018年9月学科試験 問52

問52

建築物が防火地域および準防火地域にわたる場合においては、原則として、その全部について()内の建築物に関する規定が適用される。
  1. 防火地域
  2. 準防火地域
  3. 敷地の過半が属する地域

正解 1

解説

防火地域準防火地域は、都市計画法に基づき、市街地における火災の危険を防除するため定められた地域です。建築される建築物の構造が次のように制限されます。
防火地域
地階を含む階数が3階以上または延べ床面積が100㎡を超える建築物は耐火建築物としなければならない
準防火地域
地階を含む階数が4階以上または延べ床面積が1,500㎡を超える建築物は耐火建築物としなければならない
1つの建築物が防火地域および準防火地域にわたる場合においては、原則として、その全部が防火地域内の建築物としての規定が適用されます(厳しい方の建築制限が課される)。

したがって[1]が適切です。