FP3級 2018年5月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、《設例》の外貨預金に係る課税関係について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんが外貨預金に預入れをした場合、外貨預金の利子に係る利子所得は、所得税および復興特別所得税と住民税を合わせて20.315%の税率による()の対象となります」
  2. 「外貨預金による運用では、外国為替相場の変動により、為替差損益が生じることがあります。為替差益は()として、所得税および復興特別所得税と住民税の課税対象となります。なお、為替差損による損失の金額は、外貨預金の利子に係る利子所得の金額と損益通算することが()」
  1. ① 申告分離課税 ② 雑所得 ③ できます
  2. ① 源泉分離課税 ② 雑所得 ③ できません
  3. ① 源泉分離課税 ② 一時所得 ③ できます

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

〔①について〕
利子所得は、所得税と住民税を合わせて20.315%の「源泉分離課税」となります。

〔②について〕
為替差益は「雑所得」として課税されます。

〔③について〕
為替差損は他の外貨預金の利子所得の金額と損益通算することは「できません」。

①源泉分離課税・②雑所得・③できませんの組合せが適切ですので[2]が正解です。