FP3級 2018年5月 実技(FP協会:資産設計)問8

問8

建築基準法の用途制限に従い、第一種低層住居専用地域内の土地に建築物を建築する場合、建築可能なものとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
  1. ホテル
  2. カラオケボックス
  3. 診療所

正解 3

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

  1. 不適切。ホテルは、第1種住居地域(条件あり)・第2種住居地域・準住居地域・近隣商業地域・商業地域に建築することができます。
  2. 不適切。カラオケボックスは、第1種住居地域・第2種住居地域、準住居地域、工業地域、工業専用地域については条件付きで建築ができます。それ以外の近隣商業地域・商業地域・準工業地域では条件なしで建築可能です。
  3. [適切]。診療所は、すべての用途地域に建設することができます。
したがって適切な記述は[3]です。