FP3級過去問題 2018年5月学科試験 問44

問44

ある企業の株価が600円、1株当たり純資産が250円、1株当たり純利益が40円である場合、株価純資産倍率(PBR)は()倍、株価収益率(PER)は()倍である。
  1. ① 6.25  ② 15.00
  2. ① 2.40  ② 15.00
  3. ① 15.00  ② 2.40

正解 2

解説

PBR(株価純資産倍率)は、企業について市場が評価した値段(時価総額)が、会計上の解散価値である純資産の何倍であるかを表す指標です。値が低いほど割安と評価されます。PBRの算出式は以下の通りです。

 PBR(倍)=株価÷1株当たりの純資産

設問では、株価が600円、1株当たり純資産が250円なので、PBRは以下のように計算します。

 600÷250=2.4(倍)

PER(株価収益率)は、1株当たりの純利益に対する株価の割合を示す指標で、低い値であるほど割安と評価されます。PERの算出式は以下の通りです。

 PER(倍)=株価÷1株当たりの純利益

設問では、株価が600円、1株当たり純利益が40円なので、PERは以下のように計算します。

 600÷40=15(倍)

したがって[2]の組合せが適切です。