FP3級過去問題 2018年5月学科試験 問23

問23

借地借家法では、借地権設定契約を締結する場合の存続期間は、堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上とされている。

正解 ×

解説

「堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上」の定めは旧借地法によるものです。借地借家法では、(普通)借地権設定契約における初回の存続期間を30年以上と定めています。

したがって記述は[誤り]です。