FP3級過去問題 2018年5月学科試験 問10

問10

企業のリスク対策の手法であるリスクコントロールとは、損失を補てんするために金銭的な手当てをする方法である。

正解 ×

解説

リスクコントロールとは、組織内に内在するリスクに対して、その発生確率や発生したときの損害を抑える(またはゼロにする)対策を講じることでリスクを最適化する対策です。
一方、設問の事例のようにリスク自体に対しては何もせず、発生したときの損失に対して金銭を準備しておく対策をリスクファイナンスといいます。リスクファイナンスの代表例として対象物に保険をかけることが挙げられます。

したがって記述は[誤り]です。