FP3級 2018年1月 実技(金財:個人)問15

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問15

Aさんの相続に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 「Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は、5,400万円です」
  2. 「長女Dさんが相続により財産を取得した場合、平成29年5月にAさんから贈与を受けた現金300万円については、贈与税の申告書を提出する必要があります」
  3. 「Aさんの相続人が相続税の申告をする場合、原則として、その相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内に、相続税の申告書を提出しなければなりません」

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

  1. 適切。遺産に係る基礎控除額は以下の式で決定されます。

     3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

    法定相続人の数は4人ですので、Aさんの基礎控除額は以下のように5,400万円になります。

     3000万円+600万円×4人=5400万円

  2. [不適切]。相続人(Dさん)が被相続人(Aさん)から死亡した年に贈与を受けた場合は、その受贈した財産は相続税の対象となりますので贈与税の申告書を提出する必要はありません。
  3. 適切。相続税の申告期限は、相続人が相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内とされています。
したがって不適切な記述は[2]です。