FP3級過去問題 2018年1月学科試験 問57

問57

「直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の特例において、適用を受けることができる非課税拠出額の限度額は、()である。
  1. 500万円
  2. 1,000万円
  3. 1,500万円

正解 2

解説

直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」とは、祖父母や父母が20歳以上50歳未満の子や孫に対して結婚・子育て用途の金銭を贈与した際に、申告により贈与税を非課税とする制度です。非課税となる用途は、挙式費用や新居の費用、妊娠・出産育児に要する金銭のほか、子の医療費および幼稚園・保育園等の保育料なども含まれます。
この制度における非課税限度額は受贈者1人につき1,000万円です。ただし、このうち結婚費用についての非課税限度額は300万円です。

したがって[2]が適切です。