FP3級過去問題 2018年1月学科試験 問38

問38

リビング・ニーズ特約による保険金は、指定した保険金額から対応する()の利息および保険料相当額を控除した額になる。
  1. 3カ月分
  2. 6カ月分
  3. 12カ月分

正解 2

解説

リビング・ニーズ特約とは、被保険者が余命6カ月以内と判断された場合に、死亡保険金などの一部または全部を生存中に受け取れる生命保険の特約です。リビング・ニーズ特約は、どの保険会社でも無料で付けられます。なお、受け取れる給付金の上限は3,000万円であり、非課税所得として扱われます。

リビング・ニーズ特約による保険金は、請求日から6か月間の特約基準保険金額に対応する利息分および保険料相当額を差し引いて支給されます。したがって[2]が適切です。