FP3級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問10

問10

杉田彩さん(会社員)が契約している自動車保険の主な内容は、下記<資料>のとおりである。次の記述のうち、自動車保険の支払い対象とならないものはどれか。なお、いずれも保険期間中に発生したものであり、運転者は杉田彩さんである。また、<資料>に記載のない事項については、一切考慮しないこととする。
10.gif/image-size:304×177
  1. 自動車を運転中に、誤って横断歩道の歩行者に接触し、ケガを負わせてしまった。
  2. 自動車を自宅車庫に入れるとき、誤って車庫の壁に衝突し壁を壊してしまった。
  3. 自動車を運転中に、交差点で他の自動車と衝突し杉田さんがケガを負った。

正解 2

分野

科目:B.リスク管理
細目:4.損害保険

解説

  1. 不適切。対人賠償の支払い対象となります。
  2. [適切]。自損事故での損害になりますので、現在加入している自動車保険で補償される特約は何もありません。自分の車が負った損害を補償するには車両保険に加入する必要があります。
    対物賠償は、自動車事故で他人に物損などの損害を与えた場合に保険金が支払われるものです。今回は自分の事故で自分が損害を負っただけですので、対物賠償の支払い対象にはなりません。
  3. 不適切。人身傷害補償の支払い対象となります。
したがって適切な記述は[2]です。