FP3級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問3

問3

下記は、経済用語についてまとめた表である。下表の経済用語に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
03.gif/image-size:534×118
  1. 空欄(ア)に入る用語は、「景気動向指数」である。
  2. 空欄(イ)に入る用語は、「消費動向調査」である。
  3. 空欄(ウ)に入る用語は、「売りオペレーション」である。

正解 1

分野

科目:C.金融資産運用
細目:1.マーケット環境の理解

解説

  1. [適切]。景気動向指数とは、生産や雇用に関する28種類の指標をまとめたもので、内閣府が毎月調査公表しています。主に採用されている指標として、先行系列、一致系列、遅行系列があります。
  2. 不適切。消費動向調査は、今後の暮らし向きの見通しなどについての消費者の意識や、主要耐久消費財等の保有状況について調査してまとめた内容で、内閣府が毎月発表しています。
    総務省が毎月発表し、一般消費者が購入する商品やサービスの動向について価格変動をまとめたものは「消費者物価指数」です。
  3. 不適切。日本銀行が行う金融政策の中で、具体的な代表として公開市場操作があります。公開市場調査は略してオペレーションと呼ばれますが、その中でも更に「買いオペレーション」「売りオペレーション」に分けられます。
    買いオペレーション
    日本銀行が市場に流通している債権などを「買う」ことにより市場に対して資金を供給することを指す。
    売りオペレーション
    買いオペレーションの逆で、日銀が保有している債権などを「売る」ことで市場から資金を吸収することを指す。
    (ウ)の内容に、「日銀が市場から有価証券を買い入れて…」とあるので買いオペレーションの説明であることがわかります。
したがって適切な記述は[1]です。