FP3級 2017年5月 実技(FP協会:資産設計)問20

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問20

涼介さんは、平成28年11月の入院を機に健康保険の傷病手当金制度について理解を深めたいと思い、FPの村瀬さんに質問をした。傷病手当金に関する村瀬さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 「傷病手当金は、健康保険の被保険者(任意継続被保険者を除く)が業務外の病気やケガのために働けない場合に受け取ることができます。」
  2. 「傷病手当金は、療養のために労務不能である場合に支給され、入院でなく自宅療養であっても受け取ることができます。」
  3. 「傷病手当金は、療養のために連続して4日間仕事を休んだ場合に、5日目以降の休んだ日について受け取ることができます。」

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

  1. 適切。傷病手当金は、業務外の病気やケガで働けない場合に受け取ることができます。業務中に起こったケガ等は労災保険の対象となります。
  2. 適切。傷病手当金は、療養のために仕事ができない状態であるときに支給されます。自宅療養であっても仕事ができない状態であれば受給できます。
  3. [不適切]。傷病手当金は、療養のために連続して3日間以上連続して仕事を休んだ時に、4日目以降の休んだ日について受け取ることができます。
したがって不適切な記述は[3]です。