FP3級 2017年5月 実技(FP協会:資産設計)問4

問4

投資信託に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 投資信託の目論見書(投資信託説明書)と運用報告書は、いずれも投資信託販売会社(証券会社や銀行など)によって作成される。
  2. 投資信託の運用報告書には、運用実績や今後の運用方針が記載されている。
  3. 投資信託の投資元金については、1金融機関ごとに1人当たり合計1,000万円までであれば、預金保険制度により保護される。

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

  1. 不適切。投資信託の目論見書や運用報告書は、いずれも投資信託会社(運用会社)が作成します。そして、販売会社を通じて投資家に交付されます。
  2. [適切]。投資信託の運用報告書には、運用実績や今後の運用方針が記載されており、投資家に対して投資判断に必要な情報を開示します。
  3. 不適切。投資信託の投資元本は、1人当たり上限1,000万円まで保護されますが、これは預金保険制度ではなく日本投資者保護基金によるものです。たとえ、金融機関で窓口購入したとしも預金保険制度の対象にはなりません。
したがって適切な記述は[2]です。