FP3級過去問題 2017年5月学科試験 問17

問17

所得税において、その年中の給与等の収入金額が65万円以下である場合、給与所得の金額は0(ゼロ)となる。

正解 

解説

給与所得は、給与等の収入金額から給与所得控除を引いて算出されます。給与所得控除は、下表のように収入金額に応じて異なっていますが最低控除額は65万です。したがって収入金額が65万円以下であれば、給与所得の金額は0(ゼロ)になります。