FP3級 2016年9月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

株式投資に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 国内上場株式を売買する際には、証券会社に対して売買委託手数料を支払うことになるが、この手数料はどの証券会社であっても同じ額である。
  2. 国内上場株式を買い付ける場合、成行注文は指値注文に優先するため、売買の成立を優先する場合には、成行注文が適しているといえる。
  3. MさんがAさんに対して、X社の業績は順調で、同社の株価が業績悪化によって下落する可能性は全くないと説明することは、金融商品の販売等に関する法律等において禁止されている。

正解 1

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

  1. [不適切]。国内上場株式を売買する際の手数料は、証券会社や取引する金額により異なります。昨今では手数料の安いネット証券が人気です。
  2. 適切。成行注文は、数量のみ指定し、売買価格を指定しない注文方法です。それに対し指値注文は、数量と売買価格を指定する注文方法です。
    株式の売買では指値注文よりも成行注文が優先される(成行優先の原則)ので、成行注文のほうが売買が成立しやすくなります
  3. 適切。金融商品販売法には「断定的判断の提供の禁止」というルールが規定されています。これは「この金融商品は絶対に利益がでますよ。」というように、顧客に対して「必ず〇〇〇になる」という判断を提供してはいけないというものです。
    本肢の「株価が業績悪化によって下落する可能性は全くない」という説明は、このルールに反することになります。
したがって不適切な記述は[1]です。