FP3級 2016年9月 実技(金財:保険顧客)問13

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問13

Aさんの相続等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 「Aさんの相続開始後に遺産分割をめぐるトラブルが起こらないように、遺言書の作成を検討してください。民法で定められている普通の方式による遺言のうち、公正証書遺言は、作成された遺言書の原本が公証役場に保管されるため、紛失や改ざんのおそれがなく、安全性が高い遺言といえます」
  2. 「生命保険に加入していないのであれば、契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を長女Cさんとする終身保険への加入を検討してください。加入後、Aさんの相続が開始した場合、長女Cさんが受け取る死亡保険金は1,000万円を限度として、死亡保険金の非課税金額の規定の適用を受けることができます」
  3. 「契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人を長女Cさん、被保険者をAさんとする終身保険に加入することにより、二女Dさんに対する代償交付金を確保することができるとともに、相続税における死亡保険金の非課税金額の規定を活用することもできます」

正解 1

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

この問題に対する解説はまだありません。