FP3級 2016年9月 実技(FP協会:資産設計)問12

問12

下記の3人の会社員のうち、平成28年分の所得税において確定申告を行う必要がある人は誰か。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。
12.gif/image-size:537×267
  1. 布施隆志
  2. 宇野大地
  3. 青山幸一

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:7.所得税の申告と納付

解説

給与所得者で確定申告の必要な人は次のような方々です。
  • その年分の給与収入の金額が2,000万円を超える人
  • 給与所得および退職所得以外の所得金額が合計で20万円を超える人
  • 2か所以上から給与を受け取っている人で、従たる給与と他の所得の合計が20万円を超える人
  • 雑損控除・医療費控除・寄附金控除を受けたい人
  • その年初めて住宅ローン控除を受ける人 など
  1. 不適切。住宅借入金等特別控除の適用を受けますが、2年目以降ですので、会社に必要書類を提出し年末調整で精算されています。よって確定申告は不要です。
  2. 不適切。給与収入以外に一時所得がありますが、その額は20万円以下ですので確定申告の必要はありません。
  3. [適切]。医療費控除の適用を受けようとしています。医療費控除は、年末調整で適用を受けられないので、給与所得者であっても確定申告をする必要があります。
したがって正解は[3]の"青山幸一"さんです。