FP3級 2016年5月 実技(FP協会:資産設計)問1

問1

ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 税理士資格を有していないFPが、確定申告書の作成について顧客から相談を受け、資料に基づき顧客の確定申告書を作成した。
  2. 弁護士資格を有していないFPが、法律事務に関する業務依頼に備えるために、弁護士と顧問契約を締結した。
  3. 生命保険募集人資格を有していないFPが、顧客から相談を受け、生命保険証券の見方について説明をした。

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:2.ファイナンシャル・プランニングと関連法規

解説

  1. [不適切]。税理士法で「税務代理行為」「税務書類の作成」「税務相談」は税理士固有の業務であると定められています。有償・無償に関係なく、税理士資格を有していない者は個別具体的な税務相談を行えません。
  2. 適切。FP自らが法律事務を行うと弁護士法違反となりますが、相談のために顧問契約をする分には問題ありません。
  3. 適切。生命保険募集人資格を有していないFPは、生命保険の募集や勧誘はできませんが、一般的な商品の特徴や保証証券の見方を説明することはできます。
したがって不適切な記述は[1]です。