FP3級過去問題 2016年5月学科試験 問12

問12

投資信託の換金時にかかる費用のうち、投資家から徴収する信託財産留保額は、すべての投資信託において設けられている。

正解 ×

解説

投資家が負担するコストは購入時の手数料運用管理費用信託財産留保額があります。信託財産留保額とは、投資信託を解約する際に投資家がファンドに支払う費用のことで、受取金額から差し引かれます。投資信託の種類によって差し引かれる金額も異なり、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)やMMF(マネー・マネージメント・ファンド)のように信託財産留保額が差し引かれない投資信託もあります(※MMFは30日以上の保有が条件)。

したがって記述は[誤り]です。