FP3級過去問題 2016年1月学科試験 問35

問35

65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、68歳到達日に老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合の老齢基礎年金の増額率は、()となる。
  1. 10.8%
  2. 18.0%
  3. 25.2%

正解 3

問題難易度
肢19.8%
肢215.4%
肢374.8%

解説

老齢基礎年金の受給開始年齢は原則として65歳ですが、申請により繰上げ支給繰下げ支給ができます。これらを行うと65歳到達月から前後させた月数に応じて老齢基礎年金額が加減されます。
繰上げ支給
年金受給を60歳~64歳から開始するように早めること
「繰り上げた月数×0.4」だけ老齢基礎年金額が減額される
※1962年4月1日以前生まれの人は0.5%
繰下げ支給
年金受給を66歳~75歳から開始するように遅らせること
「繰り下げた月数×0.7%」だけ老齢基礎年金額が増額される
受給開始を68歳到達日にしたのであれば、3年=36ヶ月だけ受給開始が繰り下げられます。このとき本来の受給額からの増額率は次のように算出されます。

 36月×0.7%=25.2

したがって[3]が適切です。

この問題と同一または同等の問題