FP3級過去問題 2016年1月学科試験 問32

問32

Aさんの年収が900万円で、下記の〈資料〉の支出等がある場合、Aさんのライフプランニング上の可処分所得の金額は、()である。
32.gif/image-size:497×62
  1. 580万円
  2. 625万円
  3. 715万円

正解 3

解説

可処分所得とは、収入のうち個人が自分の意思で使える部分のことです。ライフプランニング上の可処分所得の金額は、一般に、年収から税金(所得税・住民税)と社会保険料を控除して求めます。

 可処分所得=年収-(税+社会保険料)

つまりAさんの可処分所得の算出において、年収から差し引くものは「所得税」「住民税」および「社会保険料」の3つになります。したがってAさんの可処分所得は、

 900-(50+35+100)=715(万円)

よって[3]が適切です。