FP3級過去問題 2016年1月学科試験 問21

問21

登記すべき不動産の物権変動が発生しているものの、登記申請に必要な書類が提出できないなどの手続上の要件が備わっていない場合は、仮登記をすることでその後に行う本登記の順位を保全することができる。

正解 

解説

不動産登記は物権変動を公示する(公衆に告知する)とともに、物権変動を第三者に対抗できるものです。物権変動がまだ生じてない場合や、登記申請に必要な書類が揃わない場合には仮登記をすることにより、(第三者には対抗できませんが)本登記をする際の順位保全の効力があります。

したがって記述は[適切]です。