FP3級 2015年9月 実技(金財:保険)問14

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問14

Aさんに係る相続に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. Aさんの相続に係る法定相続人の数は3人となり、妹Cさんおよび弟Dさんの民法上の法定相続分はそれぞれ()である。
  2. Aさんの相続における遺産に係る基礎控除額は、()である。
  3. 妻Bさんが受け取った死亡保険金のうち、相続税の課税価格に算入される金額は()である。
  1. ① 6分の1 ② 3,000万円 ③ 1,500万円
  2. ① 8分の1 ② 8,000万円 ③ 1,500万円
  3. ① 8分の1 ② 4,800万円 ③ 500万円

正解 3

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

法定相続人の範囲ですが、死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、「子」→「直系尊属」→「兄弟姉妹」の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

設問のケースでは、まず存命中の配偶者が法定相続人になります。そして、被相続人には第1順位に当たる子、及び第2順位に当たる直系尊属(親や祖父母等)がいないため、兄弟姉妹である妹Cさんと弟Dさんが、妻Bさんとともに法定相続人となります。

〔①について〕
配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となるケースにおける法定相続分は、配偶者3/4、兄弟姉妹1/4です。妹Cさんと弟Dさんは1/4をさらに均等に分けますので各1/8になります。
  • 妻Bさん … 3/4
  • 妹Cさん … 1/4×1/2=1/8
  • 弟Dさん … 1/4×1/2=1/8
したがって1/8が適切です。

〔②について〕
遺産に係る基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」の計算式で求めます。法定相続人は3人ですので、

 3,000万円+600万円×3人=4,800万円

〔③について〕
相続される死亡保険金には非課税枠があり、「500万円×法定相続人の数」で算出した金額が相続税の課税価額から控除されます。本問では法定相続人の数が3人ですので、非課税限度額は、

 500万円×3=1,500万円

妻Bさんが受け取る死亡保険金は2,000万円ですので、相続税の課税価額に算入される金額は、

 2,000万円-1,500万円=500万円

以上より、①8分の1、②4,800万円、③500万円 となる[3]の組合せが適切です。