FP3級 2015年9月 実技(FP協会:資産設計)問14

問14

今年で80歳になる小山さんは、公正証書遺言の作成を検討している。公正証書遺言に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. 公正証書遺言を作成する場合、公証人が遺言の内容を聞きとり、公証人が作成するため、小山さん自身が署名・押印をする必要はない。
  2. 公正証書遺言を作成した場合、相続発生後において、その遺言書は、家庭裁判所に提出して検認を受ける必要はない。
  3. 公正証書遺言を作成する場合、立会人や証人は不要である。

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

公正証書遺言は、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述し、公証人がそれを筆記して作成される遺言です。作成時には2人以上の証人の立会いが必要で、作成後は公証役場で保管されます。
  1. 不適切。公正証書遺言は、公証人役場にて公証人が作成する遺言です。作成時には、遺言者・証人・公証人の署名押印が必要です。
  2. [適切]。公正証書遺言は、法の専門家である公証人により作成され、作成後に公証役場で保管されるので偽造・変造の恐れがありません。このため家庭裁判所での検認手続きは不要とされています。
  3. 不適切。公正証書遺言の作成時には証人2人以上の立会いが必要です。
したがって適切な記述は[2]です。