FP3級過去問題 2015年9月学科試験 問27

問27

遺留分権利者は、被相続人の配偶者と直系卑属に限られる。

正解 ×

問題難易度
38.5%
×61.5%

解説

遺留分とは、遺族の生活保障を考慮し、相続財産の一定割合を一定範囲の相続人に留保する制度です。遺留分が認められている遺族とその割合は次の通りです。
27.gif./image-size:473×140
上記のとおり、遺留分が認められるのは法定相続人である配偶者・直系卑属(子や孫など)・直系尊属です。記述は「直系尊属」が抜けているので[誤り]となります。