FP3級過去問題 2015年9月学科試験 問26

問26

遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。

正解 

解説

遺言は、原則として遺言者の死亡の時から効力が生じます。遺言書作成時に効力が発生するわけではなく、その後、いつでも遺言の全部または一部を撤回することができます。相続人にあたる人が相続することが予測できたとしても、法的効力はありません。

したがって記述は[適切]です。