FP3級過去問題 2015年9月学科試験 問19

問19

納税者の合計所得金額が1,000万円を超えている場合、配偶者の合計所得金額の多寡にかかわらず、所得税の配偶者特別控除の適用を受けることはできない。

正解 

解説

配偶者特別控除は、一定の所得以下の配偶者がいる納税者に対して適用される所得控除であり、以下のような適用要件があります。
  • 納税者の所得金額が1,000万円以下であること
  • 配偶者の所得合計が38万円超76万円未満であること
  • 配偶者が内縁関係でないこと
したがって記述は[適切]です。

平成29年分までの基準額。平成30年分以後は38万円超123万円以下となります。