FP3級 2015年5月 実技(金財:個人)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

Mさんは、Aさんに対して、Aさんが60歳でX社を定年退職し、その後再就職等をしない場合における公的医療保険制度について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。

 「Aさんの退職後の公的医療保険制度への加入方法の1つとして、現在加入している健康保険に任意継続被保険者として加入する方法があります。任意継続被保険者の資格取得の手続は、原則として退職日の翌日から()以内に行う必要があります。なお、任意継続被保険者として健康保険に加入できる期間は、最長で()です。また、任意継続被保険者として健康保険に加入する期間の保険料は()となります」
  1. ① 14日 ② 2年間 ③ 元の事業主と折半負担
  2. ① 20日 ② 2年間 ③ 全額自己負担
  3. ① 14日 ② 1年間 ③ 全額自己負担

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。