FP3級 2015年5月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

個人向け国債に関する下表の空欄(ア)~(エ)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
05.gif/image-size:560×144
  1. 空欄(ア)と空欄(イ)にあてはまる語句は、いずれも「変動」である。
  2. 空欄(ウ)にあてはまる語句は、「半年ごと(年2回)」である。
  3. 空欄(エ)にあてはまる語句は、「3年」である。

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:4.債券投資

解説

  1. 不適切。個人向け国債には3種類あります。
    1. 固定金利型 3年満期
    2. 固定金利型  5年満期
    3. 変動金利型  10年満期
    (ア)には変動、(イ)には固定が入ります。
  2. [適切]。個人向け国債は、償還期限にかかわらず「(ウ)半年ごと(年2回)」に利払いがあります。
  3. 不適切。個人向け国債は、原則として発行から「(エ)1年」経過すれば換金することができます。
したがって適切な記述は[2]です。