FP3級過去問題 2015年5月学科試験 問15

問15

円貨を用いて外貨建てMMFを購入する際には、購入時手数料および為替手数料を負担する必要がある。

正解 ×

解説

外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)とは、証券会社や銀行等で販売されている外国投資信託の1つです。
外貨建てMMFは、外貨建ての公社債や短期の金融商品のみで運用され、株式は一切組み込まれていません。また売買手数料が不要で、いつでも手数料なしで解約できます。ただし、円を外貨に交換する際と外貨を円に交換する際の為替手数料は負担する必要があります。
したがって記述は[誤り]です。
外国投資信託
ファンドが外国籍である投資信託で外国の法律に基づいて設定・運用されるものを指し、外国で設定されたものであれば日本国内の証券に投資するものや円建てのものであっても外国投資信託になる。