FP3級 2015年10月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、既発債である社債Xについて説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。
  1. 「NISA口座を利用して社債Xを購入した場合、社債Xの利子は非課税となります」
  2. 「社債Xの購入価格は、社債Xを販売する会社により異なる場合があります」
  3. 「社債Xは、既発行の固定利付債であるため、一般に、市場金利の低下は社債Xの価格の下落要因になると考えられます」

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:4.債券投資

解説

  1. 不適切。NISAでは、国内外の上場株式・株式投資信託・ETF・REIT等が対象です。国債及び公社債は含まれません。
  2. [適切]。既発債の購入は証券会社を通して購入するのが一般的です。債券の販売価格に手数料等が含まれていることもあり、同じ債権であっても販売価格は証券会社によって異なります。
  3. 不適切。固定利付債の価格は、金利が上昇すると下落し、金利が低下すると上昇します。つまり、逆の動きをするということです。
    更に、固定利付債ということは、世の中の情勢がどうであれ金利は固定ということになりますから値上がりが期待できず、あまり売れないということになります。
したがって適切な記述は[2]です。