FP3級過去問題 2015年10月学科試験 問26

問26

自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付および氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

正解 

解説

自筆証書遺言は、遺言者が文書の全てを自分で手書きし、署名押印する遺言です。全てが手書きというのが条件なので代筆やパソコンで作成されたものは無効になります。

自筆証書遺言を有効なものとする為には最低限下記の事項を含める必要があります。
  • 遺言の内容
  • 日付
  • 署名押印
したがって記述は[適切]です。