FP3級過去問題 2015年10月学科試験 問22

問22

都市計画法において、市街化調整区域は、「市街化を抑制すべき区域」とされている。

正解 

問題難易度
82.1%
×17.9%

解説

都市計画法では総合的に整備し、開発し、保全すべき区域を都市計画区域として指定します。都市計画区域は「市街化区域」と「市街化調整区域」に線引き(区分け)されていて、どちらにも属さない区域を「非線引き区域」といいます。
市街化区域
すでに市街地を形成している区域で、おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街地を図るべき区域
市街化調整区域
市街化を抑制すべき区域
非線引き区域
都市計画区域のうち区分が定められていない区域
したがって記述は[適切]です。

この問題と同一または同等の問題