FP3級過去問題 2014年1月学科試験 問51

問51

不動産投資の採算性を示す指標の1つである()は、年間賃料収入を投資額で除して算出する。
  1. 単純利回り
  2. ネット利回り
  3. 内部収益率

正解 1

問題難易度
肢173.8%
肢26.2%
肢320.0%

解説

不動産の有効活用や投資の採算性を示す指標として、投資利回りなどが用いられます。
単純利回り(表面利回り)
投資額に対する年間収入額の割合
●単純利回り(%)=年間収入額÷投資額×100
ネット利回り(実質利回り、純利回り、NOI利回り)
投資額に対する年間収入から経費等の支出を除いた額(利益)の割合
●ネット利回り(%)=(年間収入額-年間費用)÷投資額×100
内部収益率
投資に必要な支出額の現在価値の総和と、投資によって得られる収益の現在価値の総和が等しくなるような割引率のこと
この設問の記述では、「年間賃料収入を投資額で除す」とあるので指標名は単純利回りになります。したがって正解は[1]です。